​息こらえをすると苦しい

あたりまえだけど何で?

 

   ちょっと息を止めてみて下さい。どうなりましたか?苦しくなってきますよね?当たり前のことなのですが不思議ですよね?何で息を止めると苦しくなるのでしょうか。「苦しいから苦しいんだ」ってその通りなんですけど、苦しくなるにはちゃんとしたメカニズムがあるのです。

   

くせ者二酸化炭素

 

   息を止めていると、身体の中の二酸化炭素が血液中に蓄積されてきます。息を止めている時間が長くなればなるほど、二酸化炭素はどんどん血液中に貯まっていきます。この二酸化炭素がくせ者なのです。こいつが貯まってくると、呼吸をしなさいと言う指令が脳に行きます。これが「苦しい」の正体なのです。二酸化炭素の量がある一定の量になると指令を出します。指令に反してまだ息を止めていると大変なことになってしまいます。

 

千葉県白井市池の上1丁目8番1号
    千葉県立白井高等学校

©2019 by 「息止め博士」松下哲哉公式HP. Proudly created with Wix.com