苦しくならないように

二酸化炭素をためない


  苦しくなる理由が二酸化炭素が貯まることであるとわかりました。では二酸化炭素が貯まらなければ苦しくならないのでしょうか?その通りです。ですから身体に二酸化炭素が貯まらないように工夫すれば苦しくならないのです。どんどん二酸化炭素を排出させてあげればいいわけです。色々な体操を行ったりスポーツを行うのに、深呼吸が非常に重要な事はこれでわかりますね。


  苦しくならない工夫


   深呼吸をすれば、身体に貯まった二酸化炭素が放出されますから苦しさが軽くなってきます。ところで、苦しくならないもっと確実な究極な方法があります。それはできるだけ身体を動かさないことです。筋肉は動くと酸素を使ってしまい二酸化炭素を作り出します。厳密に言えば、まばたき1回でも二酸化炭素は身体中に生産されます。

 

千葉県白井市池の上1丁目8番1号
    千葉県立白井高等学校

©2019 by 「息止め博士」松下哲哉公式HP. Proudly created with Wix.com