入浴しますと水圧により、肺や心臓が若干圧迫されます。

また、お湯の温度(約40℃)により血管が拡張されるため、一旦上昇した血
圧が一気に低下いたします。

心臓の圧迫や血圧低下は程度が過ぎますと、意識の障害や呼吸停止を招く
恐れがございます。

入浴中の浴槽での息こらえは、苦しくなった時に体内(脳)で呼吸再開の指
令が出ても、血圧低下や心臓の圧迫により、自発呼吸が困難もしくは不可
能な場合がございますし、意識障害により肺への水の進入もありえます。

また最悪の場合、呼吸再開の指令すら気づかなくなる場合がございます。


したがいまして入浴中(36℃以上)の浴槽での息こらえは非常に危険です。
 
特に競争は絶対に行わないで下さい。
 


特にお子様は、ふざけて浴槽に潜って競争したりしますのでお気をつけ下さい。

何年か前に小学生の死亡事故が発生しております。
 
 


尚、私の研究にご協力いただいているモデルや被験者は十分な安全管理のもとに息
止め(息こらえ)を行っております。
絶対に一般の方が真似をなさらないようお願い申し上げます。

重大な事故(死亡事故を含む)やケガを負う可能性があります。
そのような損害や損傷について私は一切責任を負いません。



千葉県立白井高等学校

 「息止め博士」松下哲哉

 

千葉県白井市池の上1丁目8番1号
    千葉県立白井高等学校

©2019 by 「息止め博士」松下哲哉公式HP. Proudly created with Wix.com