有酸素運動って知ってますか?その名の通り酸素のある状態で運動(筋肉を動かす)することです。酸素は空気中に少し(2割くらい)しかないので、一生懸命空気を吸わなくてはなりません。運動や体操の最中は呼吸を止めないことが基本になります。「息止め博士」が「息を止めるな」とはこれいかにですね。

 

  水中運動はゆっくりした大きな動作がとれます。また浮力により下半身には負担がかかりません。しかし、水中では水圧等の悪条件がありますので例えば腕をひとかきするのでも陸上で行うよりもエネルギーを使います。このことにより自然に、普段では行わない大きな呼吸を行うことになり、酸素をいっぱい取り入れて健康な身体になっていくのです。

 

  より酸素をいっぱい取り入れるコツを教えます。それは「笑顔」を作ることです。口が広がり鼻の穴も広がり肺の中に一杯空気が入ってきます。だまされたと思って「苦しい時ほど笑顔」を作ってみて下さい。くれぐれも、笑顔を作りすぎて水を飲まないようにして下さいね。

 

  自然に笑顔で運動できるようになると良いですね。話は変わりますが「やきとりじいさん体操」ってご存じですか?この体操を創作された岡田麻紀先生の「笑顔」ってもう最高です。今までの人生で見た笑顔の中でも1番だと思っています。不思議にまわりも幸せになるんですよね。岡田麻紀先生のように「笑顔」でスポーツに取り組むように心がけて下さい。スポーツは楽しくです。

​笑顔で水中運動

 

千葉県白井市池の上1丁目8番1号
    千葉県立白井高等学校

©2019 by 「息止め博士」松下哲哉公式HP. Proudly created with Wix.com