​水中運動(心構え)

 具合が悪かったら思い切って運動をやめる勇気も必要です。誘われたから断れないとか、義務のようにやらなければならないとか、そういう気持ちは捨ててください。何のためにスポーツをしているのかわからなくなり、それこそ本末転倒です。プロスポーツであれば職業ですからそんな甘いことはいっていられませんが。

 

 熱があったりお腹が痛かったり頭が痛かったら、また関節が痛かったり筋肉痛だったら、健康を取り戻してから思いっきりスポーツを楽しみましょう。はっきり言って自己管理がしっかり出来ない者はスポーツを行う資格はありません。危険ですから。極端な話水の中では命にも関わります。

 

 ここでいう「自己管理」とは、例えば風邪を絶対ひくなとか、怪我をするなとか、プロフェッショナルに要求されるものではありません。風邪を引いたり怪我をしたらしっかり治してからスポーツをするという「自己管理」です。要するにスポーツを楽しむための「心構え」です。

 

千葉県白井市池の上1丁目8番1号
    千葉県立白井高等学校

©2019 by 「息止め博士」松下哲哉公式HP. Proudly created with Wix.com