水中運動と腰痛

    腰痛の方の水中運動は、腰に負担がかからないように前進歩行したり、横向きに歩行したり、後ろ向きに歩行することを混ぜて行ってください。特に前進歩行だけでは腰に負担がかかります。横向き歩行や後ろ向き歩行は陸上では大変困難なのですが、水中では比較的容易に行うことが出来ます。

 

 後ろ向き歩行は言うまでもなく、他の方との衝突に十分注意して行ってください。後ろ向き歩行は禁止されている場合もありますので、確認をしてから行ってください。

 

 水中運動が終わった後は、身体は思った以上に疲労していますので、はじめる前に準備体操をしたのと同じように、最後に整理体操を軽くして水分を十分とりながら休息に努めて下さい。水中にいると全くわからないのですが、すごい量の汗をかいています。

 

 特に腰痛の方は、陸上にあがってすぐに腰を動かさないで、軽く整理体操をして身体を慣らしてから、また休憩をとってから帰路につくようにしてください。

 

千葉県白井市池の上1丁目8番1号
    千葉県立白井高等学校

©2019 by 「息止め博士」松下哲哉公式HP. Proudly created with Wix.com